2013年07月

2013年07月27日

プロデューサーさん、WiMAX2+ですよ、WiMAX2+!

昨晩ソフバンの孫さんのつぶやきを見てもティンと来なかったのですが、
UQに周波数割当がされたという事だったんですねー。
という事はついにWiMAX2+が来るんですね、わっほい!

今使っているWiMAXの更新が来月なので、
残念ながら今回の切替時期には間に合わないと思いますが、
サービスインしていきなりどこでも使えるとはいかないでしょうし、
もう1年様子見してWiMAX2+に乗り換えを検討する事になるでしょう。
データ使用量の上限キャップが無ければいいのですが、
ちょっと悲観的ではあります。
上限有りならWiMAX続けないといけないでしょうね。
そんな感じでヘビーユーザーをWiMAXに縛り付けておいて、
数年後に余裕が出来てからWiMAX2+も上限無しというやり方もあるでしょうけれど、
いずれどのキャリアも技術の進歩やハードの更新に依ってデータ使用量の上限撤廃に動いていくでしょうし、
あまり悠長な事やってるとせっかくガッチリ掴んでいるユーザーが逃げちゃいますよ?
そんなユーザーはごく一部と言われるとその通りなんですがw

それはともかく、
WiMAXのお蔭で家でも外でもモバマスが快適に楽しめているのは間違いないのです。
iPhone5の請求金額は毎月2,000円を切っていますし、
WiMAXは3,770円で固定。
という訳で通信費が月に6,000円行かない事も、
ちっひーに毎月お布施する原動力なのです。
iPhone5をLTEで普通に使って、
家でも光回線という事なら更に快適なんでしょうけれども、
どうしても10連ガチャ1回分以上の差額が出るでしょうしね。
それなら私は回線速度を多少犠牲にしてでもガチャを回しますよ、ちひろさん!
こうやってアピールしておけば今月の月末ガチャも安泰ですねw

あとはWiMAX2+の料金施策がどうなるかが楽しみですね。
既に先行している他社のLTEが月額費用4,000円を切っている状況で、
速度面だけ比べると現行のWiMAXは強気な価格設定なんですよね。
データ使用量の上限が無いという事からの価格なんだと思うのですが。
なのでWiMAX2+で上限を付けるなら他社との競争上、
WiMAXとWiMAX2+で100円程度しか月額費用が変わらないような事になります。
WiMAX2+のサービスインに合わせて現行WiMAXで何らかの割引とかをすると嬉しいんですが。
ただWiMAXは回線を貸しまくっているので、
UQが価格変更をすると回線を借りている他社も一斉に様々なプランを変更しないといけなくなりますし、
案外腰が重い状況になっている...わけないかなあ。
もしそうなのであればWiMAX2+もデータ使用量の上限を設けずに、
他社のLTEから1,000円~2,000円程度上乗せした価格でサービスを開始するのも、
いいんじゃなかろうかと思ったりします。



モバマスやる上で速度がそんなに大事かと言われると、
まあぶっちゃけ微妙ではあるんですが、
iPhone5でやっていてもWiMAX接続と光回線からのWiFi接続では後者の方が速いと体感できますし、
であれば速いに越した事はないんですよね。
iPhone4になるともうハード面での遅さが前面に出てくるので、
回線が何だろうがどうでも良くなるんですが。
3GとWiMAXなら後者の方が速いと体感できる事が多いですが、
一部イベントだと本当に何でも一緒になっちゃうんですよね...
ただ一日に何度も接続して毎回それなりに縦長で絵がいっぱいなページを読み込む以上、
通信量は多いんですよね。
なのでモバマス的観点からすればデータ使用量の上限があるかないかの方が、
はるかに重要なポイントだと思います。

WiMAX2+については遅くとも年内には何らかの発表があるでしょうし、
まずはそれを待とうと思います。
今までは先が見えない状況でかなり待っていたのでジリジリしましたが、
先が見えた今ならいくらでも待てますねー。
後は孫さんが余計な横槍を入れない事を心から祈ります。

cobayaci at 13:49|PermalinkComments(1)

2013年07月22日

アイプロ 夜空に咲く花火編

さてどうしましょうか...

社内でも「俺はロリコンなんだー」とか何とか叫んで、
初めて走り出した社員さんがいらっしゃいますが、
自分もロリコンですがモバマス内のロリにはイマイチ反応しないので様子見していました。

スマイルほたるちゃんなら欲しいかなと思ってかき氷を使ってみると、
何やら順位が4,000位ぐらいまで上がってきたので、
色気が出てきてちょっと雪美ちゃんを見に。
やっぱり好みではないのですが、
スペックがもろに好みです、今回の雪美ちゃん。
バランス型のやや攻寄りなのは言う事無しですが、
全タイプ攻守極大ってのは、
パワー持ちを入れるとどうしてもCu・Co・Pa全タイプ入っちゃうツアー等で、
大活躍が期待出来ますね。
Co単色16コス以上10枚とかやってる時代じゃないんですw
はぁ...orz

それと雪美ちゃんの人気からしてひどいアイプロになるだろうと思っていたのですが、
現状ではそこまでひどくないのも好材料ですね。
皆さん様子見してるのでしょうか?
それに日数が少なめなので最終ボーダーの伸びも当然抑制されます。
実際に参戦できるのは給料日後の話なので、
様子見状態は続きますけどね。

現状から考えると80kも突っ込めば1枚取りならお釣りが来るように見えますが、
それなら月末ガチャに突っ込んだ方が割がいい気もしますね。
特に興味が無いアイドルに突っ込んで現金無くすよりは、
好きなアイドルが来るまで待ちつつ、
スタドリが貯まったタイミングで雪美ちゃんお迎えという方がいい...かな?



はるにゃんも選挙結果は悪くありませんでしたし、
前回年末のアイプロ登場から半年以上経ちましたので、
そろそろ再登場を恐れてもいいような気がしています。
今回沖縄で登場したマキノちゃんも眼鏡キャラ上位を目指せる逸材っぽいですし、
近々Rで出ちゃう可能性は更に高いでしょう。

新アイドルでも人気が出ると再登場も早いですよね。
今やっているガチャのユッコなんかも、何枚目でしたっけ?
ツアーで1度Rになっていますから3枚目?
黙ってりゃ可愛い、しゃべると更に可愛いと俺内ランキングで着実に上位へ昇っています。
Coじゃないのが実に惜しいのですが、
まあありゃどう見てもPaですしねw
ガチャで目玉SRになるようなら確実に取りに行きたい所です。
こちらも年内には来るでしょうね。

あとはアーニャですよね。
ここで挙げた中ではSR化が今一番近いというか、唯一確定している訳ですが、
CDSRはスペック的に集めていないので、
ガチャで来てほしい所です。
上位報酬だと...地獄でしょうねーw
1枚取り目標で走るかどうかはちょっと微妙。
走ると確実に赤字なんで、
よほど上位報酬のアイドルに愛が無ければ行く気がしないんですよね。
4,000位以内で10%ワンチャンならどんなアイドルでも行きますが、
1枚取りとなると急に必要なアイテム数が増えますし。



そう考えるとやはりここで散財するのは得策ではないようです。
シャッターチャンスも微妙に削れましたし、
後は自然回復でスマイルほたるちゃんが来る事を願いつつスルーしますか...

cobayaci at 02:12|PermalinkComments(5)

2013年07月19日

アイプロでまでエナドリを奪う気?w

アイプロでもガチャでアイドルを得なくてはという前回に引き続き、
今回は攻コス突っ込めという素晴らしい改善がなされましたね。
ファッキ○ーちっひ。

それ以外特に言う事がないので、
アイプロについてはこんなもんで。

それに引き換え沖縄はいいですね。
眼鏡っ子マンセー。
具体的にはマキノちゃん最高。
でもやっぱりそれ以上言う事なし。
早く再登場してね。



PCの調子がイマイチになってきて、
Safariの安定性が非常に良くないです。
モバマスしていると頻繁に落ちますね、なんだか知らないですが。
親愛度MAX表示とかも読めなくなっています。

それと同時にマウスもアレな感じになってきたので予備機に交換しました。
Mac用officeを買ったら付いてきたMicrosoftのWedge Touch Mouseです。

ちっちゃくて動作もキビキビ、人によっては見た目も気に入るようですが、
標準では戻る・進むが無い事と、Touchの感度が若干怪しい事、
そして個人的にはひどく安っぽく見える事から部屋の片隅に転がっていました。
代わりのマウスはどこかいなとゴソゴソやっていたら最初に出てきたので取り敢えず使用。

しかしアイプロでは戻る・進むが無いと不便なんですよね。
ついでにうちのWin版Safariだとスクロールが効かない。
この辺を解決できないかと検索してみると一応やり方は無い訳でもないようで。

Windows8だと「Microsoft マウスキーボードセンター」というソフトを入れると、
何やら設定が出来たりするようです。
付属のCDに入っているようですが当然見つからないのでダウンロード。
大昔のIntelliMouse Explorer(初代の裏が赤いスケルトンの憎い奴)の頃だと、
付属ソフトがCDのみでダウンロードできなかったりしましたが、
今時はちゃんとダウンロードさせてくれるんですねー。
あれ、マウスじゃなくてサイドワインダー系の方のソフトでしたっけ...
何かいっつもMicrosoftのCDを探していたような気がします。
見つけてもバージョンが古かったりねw



先に言ったようにこのマウスは特に欲しくて買った訳では無く、
officeに付いてきたから一度使って、カスだと思って部屋の片隅に放り投げたものです。
以前はマウスと言えばMicrosoftという程の信者でした。
ついでにゲームパッドもサイドワインダー信者でした。
キーボードは未だにMicrosoftのばかりですねー。
最近上長にも感染したようで、
副業先の上長の机にはだんだん上位機種のMicrosoftキーボードが置かれるようになっています。
どんだけ短期間で買い替えてるんだ、あのおっさんw

で、Microsoftのマウスなんですが。
なすびは別に感銘を受けなかったのですが、
上に出てきたIntelliMouse Explorerは衝撃でした。
とにかくケーブルが弱くて何度も買い換えましたが、
決して安くないのに何個でも買いたくなるくらい使いやすい銘品だったと今でも思います。
ボールから解き放たれた軽さ、赤く光るかっこよさ、
戻る・進むがある5つボタン、軽くて使いやすいホイールと、
いい所を挙げればキリがありません。
逆に悪い所もキリが無いのもご愛嬌w

主にコレのお蔭で今でも左側に戻る・進むが無いと使えない身体にさせられましたが、
後続の3.0辺りでしたっけ、ホイールが改悪された辺りでIntelliMouse Explorerとはお別れしました。
その後もMicrosoftのマウスを買い続けましたが、
特筆すべきは青色レーザーの導入ぐらいのもので、
あまりティンとくるマウスはなかったように思えます。

途中からロジにも浮気しますが、
面白いマウスが多いのはいいのですが普段使いに適した物が結局見つからず、
なら安いマウスでいいやと開き直って、
今では青色レーザーで5つボタン(ただし左側集中タイプ)のワイヤレスなら何でも使うようになりました。
サンワサプライでもメルコでも安けりゃいいんですよ、安けりゃ。

ワイヤレスと言えば、キーボードとマウスをワイヤレスに変え始めたのが、
98年頃からなのですが、当時と比べると随分進歩しました。
その頃から6~7年くらいはワイヤレスの新製品を見る度に買っては、
ちょっと使って押入れにないないするという作業を繰り返していましたが、
今や買ってきたら普通に使えますもんね。
突然反応しなくなる、キーを一回入力すると画面上に同じ文字が複数並ぶは当たり前。
電池消費が激しかったり赤外線でちょっとでも向きがずれると使えなくなったり、
電子レンジを使っている間は使えなかったり、
まあひどい製品が山のようにありました。



と昔のひどい製品の事をつらつらと思い出すと、
途端にWedge Touch Mouseが素晴らしい製品のように見えてきますね。
私もそう思えてきました。
そう思わないとやってられない。

「マウスキーボードセンター」を入れると再起動を促されますが、
Window8は起動・終了が早いのがウリの一つなので大して気になりません。
SSDならXPでも十分早いですが、それは気にせず。
再起動してコントロールパネルを開いてみても見当たりませんでしたが、
スタートメニューに普通のプログラムと同様に入っていました。
それ以前に通知領域で激しく自己主張してくれるので、探す必要はありませんが。

開いてみるとMicrosoft謹製マウス及びキーボードが並びます。
買ってないと言いながらこんなに買ってたのねと呆れるほどに。
目的のWedge Touch Mouseを見ると、
「基本設定」と「アプリケーション固有の設定」が選べます。
おお、なんだかそれっぽい。

基本設定には「スクロールが正しく機能しないプログラムを特定...」という項目があります。
ここにSafariを突っ込む事で、
「全く使えない」から「使えない程度に改善」する事ができます。
逆転しない程度の反撃とか、そんなニュアンスで。
持っている人は試せばわかりますが、使い物になりません。

タッチ設定を変える事もできます。
微妙に。
「水平スクロール」辺りを「戻る・進む」に割り当てできれば良かったのですが、
「戻る・進む」は左右ボタンにしか割り当てられません。
とりあえず左クリックを「戻る」、右クリックを「進む」辺りに設定すると、
何となくそれっぽい感じにできます。
決定もメニュー表示もできなくなりますが。
うーん、このマウス...



最後の悪あがきとして、
Window8の便利機能、ジェスチャーを試してみましょう。
「Wedge Touch Mouse WIndows8 ジェスチャー」辺りで検索してみるといろいろわかります。
Touch Mouseというよく似た名前の製品もMicrosoftは出しているようですが、
自由自在にジェスチャーを使えるようですね。
おー、いいじゃんいいじゃん。
で、『Wedge』 Touch Mouseだと完全に非対応みたいですよ、奥様。
ゴミくずですか、このマウス。

いや、まだ行ける、大丈夫。
記憶の奥底に無理矢理沈めたアレより大丈夫。
なんだっけ、アレ。
あまりにひどすぎて買った事すら今の今まで忘れ去っていた、アレ。
結構高かったよなーアレ。
使えれば最強なんだろうけど使い物にならなかったアレ。
検索するのも憚られるんだけど「アレ」じゃ誰にもわからないからしょうがないよね。
なんて検索すればいいんだろう...
「入力装置 ワイヤレス 2011年」とかで出てくるのかな…ていうか2011年ぐらいだよな。
あ、これこれ、「OPAir」...
うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
事前予約までして買ったんですよね、ほぼ定価で。
それこそ10年以上前なら、「ああまたゴミか」で済むんですが、
下手に使えるものばかりになってしまった最近になって久々に踏んだ正統派地雷だったので、
ひどくトラウマになってしまったのでした。
3日ほど副業先で必死に慣れようとしたのですが、
業務効率の我慢できないレベルでの低下に文字通り放り投げたのでした。
かなり本気で投げたので遠くで誰かがそれをキャッチしてくれました。
なのでそのままプレゼントしました。
そのままヤフオクに出されましたが。
発売後3日だったのでそこそこの値段で売れたようです。
めでたしめでたし。



もう話がグダグダでどこへ着地するつもりだったのかわからなくなってきましたが、
強引にまとめに入りましょう。

1.Wedge Touch Mouseはアイプロには向いていない(特にWin8でSafari使っている人)
2.それでもOPAirより格段にマシ
3.Wacomのタブレットを5本指で使うと遥かに高い操作感が得られた

使っていないMicrosoftのマウスが部屋にまだまだある事がわかりましたので、
まずはそれを探す事にしましょう。
見つからないならいっそタブレットでいいや。
とりあえずWedge Touch Mouseはポイーで。

cobayaci at 00:11|PermalinkComments(3)

2013年07月17日

PMF#11終了

2敗で何とかグループ優勝しました。
フェイフェイは1枚のみで残念。

普段偉そうに踏ん反り返ってるくせに、
プロダクションの事が何もわかってなかったなーというのが率直な感想です。

私自身の傾向として負けん気の強さというのがあるのですが、
一方でヘタレなので大差があると思うと恥も外聞も無く捨て去るという所が有ります。
プロダクションの社員の皆さんも代表のそういう姿を散々見てきているので、
本家本元の私すら呆れるほど撤退が早いという特徴をよく受け継いでくれました。

それがここにきて負けん気の強さを見せてきたので、
休み明け久々の出勤ですっころんで頭でも打ったんちゃうかという心配をさせられましたが、
お蔭様で久々に最終戦に勝利できました。

思えば私はフェスでの強さとして目に見える所しか考えていませんでした。
カードを配れば当然強くなります。
課金すれば更に上を目指せます。
放置切りをしてアクティブな社員のみが残るので、
全員のステータスも徐々に上がっていきます。
それで勝てると思っていました。



最終戦は明らかに格上の常勝軍団が相手で、
途中で戦った試合ではぺっこぺこにされて放り投げられたような印象でした。
あまりにも惨めな負け方だったので最終戦では手を抜いてもらえるかと期待したのですが、
一切手を緩めずにガンガン差を拡げていく最悪な相手です。

で、普通なら代表が指示するまでも無く全員さっさと撤退するのですが、
何人かの社員がやたら燃え上ったんですね。
「お前らが付いてこなくても俺は殴り続けるぜ!」的な、
どこで覚えたのそんなスポ根ものという感じでした。

まあ相手は社員の半分以上がガチで殴ってきてるんで、
こっちが数人頑張った所で差は縮まるどころか拡がるんですが、
副業の終わった社員が状況を見て燃え上って参加してきたりして、
そうなると静観していた社員もなんか悪いかなと思って参加して、
それでも一定の差でptが積み上がるだけで縮まらない訳ですが。

そんな事を2時間半ばかりやって、
最終的には相手のエナドリが尽きたのかピタッと止まってしまい、
ズルズルと逆転勝利を得る事ができました。
相手の名前を見る感じだと若い人が多そうだったのに対し、
うちのプロは昭和50年代のネタがやたらと横行するおっさんだらけの高齢者軍団なので、
おそらく資金力の差でしょうね。
可哀想に。

何に対して一部社員が炎上した、
じゃなくて燃え上ったのかはイマイチわからないのですが、
勝ちたいと思わないと勝てないという当たり前な部分に気付かされました。
これで若さに嫉妬したから札束でぶん殴った、だったら目も当てられませんが。



目標は別にグループ優勝ではなく、
S3プロ、または今度拡張されるその上のプロな訳ですが、
モバマスというコンテンツの寿命内にそこまで上り詰めるには、
物だけじゃなくてそうなりたいという精神も必要なのかな、
とすればどうすればいいのか、という今後の課題を見つけたような気がします。
何人かの社員は結構そういった面での負けん気の強さを持っているようですので、
しばらく待っていればプロの方向性としてそういう面が強く出てくるのかも知れません。

とまあ、思ったよりも収穫のあるフェスで目出度し目出度しという所でした。





実はちょっと最終戦で感動したので、
掲示板に美辞麗句を散りばめて綺麗目にまとめてみたんですが、
あっさりスルーされています。
バカ話にはイヤってほど喰いついてくる癖に...orz

cobayaci at 01:04|PermalinkComments(1)

2013年07月14日

フェスとまったりプロの運営

PMF11も半ばを過ぎてそろそろ最終順位のpt読みを始める頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか。



私の所属するプロダクションも5回目のフェスという事で、
社員の皆さんも大体慣れてきた辺りです。
基本戦略は社員間で十分に共有されているので、
フェス開幕直前に基本事項のおさらいと、
1戦毎に必要事項があればその連絡で機能するレベルになりました。

フェスに挑む際の一応の目標としては、
グループ内順位でなるべく上に行って、
フェスの思い出としてイベントRを貰うという事にしてあります。
全体のプロ順位だと1,000位台程度なので、
まだそれより上の目標を立てる事ができない状況です。
毎回何らかの目標が無いと、
まったりプロではどうしてもダラダラしてしまうんですよね。

さて、戦略と言っても大したものはなく、
序盤突き離し、終盤追い込み、出来る限りハイテンション、試合放棄という、
誰でも思いつく4つだけです。
他プロさんを見ているとマークをしている所もありますね。
○万pt上、または下なんかを維持するみたいな奴です。
うまくはまるとドリンク節約になりますが、
うちは泥仕合になりやすいので採用していません。

緒戦は様子見でお互いのランナー数次第な事が多いです。
こちらがランナー0で相手がランナー有なら試合放棄にしがちです。

以降は毎戦グループ内のptデータを取っているので、
相手が使っていた戦略や人数差、ptなどを見ながら戦略方針を立てます。
2戦目、3戦目辺りでは行き当たりばったりですが、
終盤なら大抵かっちりはまります。
序盤戦はみんなマイエナが豊富なので戦略が外れてもゴリ押しできますし、
後半は当然参加者も減少するので如何に消費ドリンクを減らすかという所で戦略が役立ちます。



フェスで個人的に大事にしているポイントは、
どんなに赤字でもエナドリをしっかり消費する事と、
戦略を決める際に他人に相談しない事です。

いわゆる軍師サマが社内に発生するとあまり良い事がないなー、
というPMF8の時の反省点がこれでした。
社員募集を始めて最初のフェスがPMF8だったので、
私もどうしたらいいのか決めきれずに迷走していた頃です。
最終的にはグループ優勝できたので結果オーライに見えますが、
その後のプロ運営に少なからず影響が出たのは確かで、
数か月後の放置切り開始に至る原因となった事も考えると、
結果オーライというよりむしろマイナスだったと思っています。

フェス自体を放棄するという選択肢もあるのですが、
折角プロダクションを設立して色々な人に来てもらっていますし、
個人的にはS3を目指しているのでファン数を大きく増やせるフェスを放棄する事はできません。
どこかのプロダクションへ入社するメリットは色々あると思うのですが、
フェスへの参加権はその一つだと思っている、というのもあります。
プロとしては自由参加にしているので不参加者は当然いますが、
やってみると案外半分以上の人がなんだかんだで毎回来てくれるので、
代表独断で安易にフェス不参加を表明するのもなんだかなと考えています。

ワンマン代表だからなんでも出来るという事もありますが、
代表が勝手に目標を立てて戦略も勝手に決めて、
仮に負けそうになったら自分のエナドリで責任を取るという姿勢をはっきりさせておけば、
それで案外不満も出ないようです。
戦略決定に至るまでの説明は一応簡単にしていますが、
根拠にしているデータ採りが面倒なので誰もしないのが当たり前な事から、
反対を喰らう事もありません。
試合放棄以外ではほとんど負けた事が無いので、
士気もまったりプロにしては高いですし、
その辺も戦略への不満を抑える効果があるのかも知れません。
偉そうな事言っててウザイけど、あれで最後は何とかするしな…程度に思われているのでしょう。



プロとして社員のフェス参加を促す策としては下記を採っています。
1.カードばら撒き
2.カードばら撒き
3.カードばら撒き

うん、安易だねwww

1についてはフェスに関係無く定期的に行っています。
数十枚単位でばら撒くのでマニーを貰って増資に充てています。
大体イベントの完走SRやRを中心にガチャRなんかを混ぜたものを、
市価の半値以下でばら撒く感じです。
大体ツアー、鯖の前に行う事でそれらイベントへの参加を暗に促しています。

2については露骨にフェス前に行います。
1より少量ですがいわゆる強Rと言われるものの特訓済みMMMを配ります。
必要な相手に無料でというのもいいでしょう。
うちでは各自の戦力把握が面倒なのと不公平感の緩和のため、
手持ちカードを公表して早い者勝ちで販売しています。
これの利益も増資に充てています。

3はフェス後の参加賞です。
初期はRを配るだけで皆さんある程度喜んでいましたが、
現在は上位陣だとあまり喜ばないので、
特定順位の人にSRを配っています。
3の倍数順位とかそういう感じでしょうか。

各種イベントで3%~10%チケ、SR確定チケなどを貰いますが、
どうせ14コスSRしか出ませんし、そんなのゴミでしかないし売る手間すら面倒。
という事で社内でばら撒きます。
最近はメダルなどで出た17コスSRも配ります。
1枚取りは出来ても2枚取りまで行く人は多くないので、
まあまあ好評...と信じています。
なのでばら撒きの原資はイベント参加によるカード獲得を中心に、
ガチャでの副産物を混ぜた感じです。
ほんとはガチャでの副産物は無い方がいいんですが...orz

これらカードばら撒き政策によって、
まったりプロの大半を占める無・微課金社員も無理なく戦力を増強でき、
折角ご自慢のフロントが出来たのなら腕試しもしたくなるという事で、
フェスへの参加率も上がる...という感じです。
もちろん鯖・ツアーでの獲得ptも向上しますので、
結果としてプロのファン数増加にも繋がり、
私の目標であるS3プロダクションも一層近くなりますね。
そしてワンマン代表という名のマイクロ独裁者としては人気取りの面も見逃せません。
「あの代表バカでうざいけど、SRくれるからここは寛大にスルーしておくか…」
そういう社員は我が社では9割を超えるのではないでしょうか?
こうやってイエスマンだけが残って組織は崩壊に向かうのですwww
お蔭様で掲示板上の肯定意見など飛ばし読みで、
誰がスルーという名の消極的反対をしているのか、
それは何故なのかを考える方に時間を費やす様になりましたw
駄洒落に無反応なのは慣れましたけどね…
モバマスプロの社員心得にありがちな「代表のギャグにはお愛想笑いをする」というのすら、
うちの皆さんは知らないようで。



実際の話S3まで行くにはある程度の人数の課金者集団じゃないと無理かなと思っています。
現在39名の社員中、そこそこの課金者は5名。
過去に何らかのイベントでランナーになったのは代表のみ。
この状況を打破しない事にはSランク辺りで頭打ちになるでしょう。
もちろん社員募集当初は社員数も課金者数も更に少なかった訳ですから、
ちょっとずつは前進しているという実感はあります。
しかしモバマスというコンテンツの寿命を考えると、
S3目指すなら社員を入れ替えた方がいいと思います。
それでも今の社員の皆さんとは何だかんだで仲良くやってきているので、
何とかこの面子で上まで登れないかと模索している状況です。

プロダクションランクはファン数依存なので、
放っておいてもスタミナ・攻コスの回復と比例してダラダラと上がり続けます。
お金を掛けずに上昇率を向上させるには、
社員の道場通いを習慣化させる事です。
手っ取り早い方法としてはノルマを課す事。
ファン数ノルマ週10kとかやっておけば嫌でも道場に通うようになりますし、
習慣化すれば10kどころか普通に倍以上ファンを稼ぐようになりますから、
ランクアップも楽になります。
デメリットとしてはノルマを掲げると新入社員募集が若干面倒になる事と、
それについての管理が必要になる事。
そして以前にも書きましたがノルマに対して社員に何かサービスができるのか、という事。
うちのプロも大概ですが、ファン数だけ稼がせて見返りは何も無しというのは、
さすがにブラックすぎて私には真似できません。
なので私はノルマ無し(放置切りを導入したので、実質的には月間ファン数1以上)を選択しています。
社員枠が空いたらLv30~40ぐらいの社員を勧誘して道場通いを教育しておけば、
最初の手間だけで後は大体似たような結果になりますし。

そしてプラスαという事で、
イベントで自発的にコストを回復させてファン数を稼いで貰うかな…という考えに辿り着きます。
その為にはある程度手持ちカードが充実してないとなーとかいう事で、
カードをばら撒いてみたり。
なので最近のパワー持ち重視な運営方針にはちょっと参っていて、
何らかの方針転換が必要な訳ですが...
ガチャ回してパワー持ちR配るしかないのかなあ。


まったりプロの割にフェス重視というプロ運営方針を採っているのはこういう経緯です。
しかも目標がグループ内順位報酬という、
ガッツリやっている人にとっては「何それwww」という物になっています。
一応嫁pr系プロなので、みんなで守フロントに好きな嫁を並べてモチベアップというのも考えましたが、
いまいちファン数に結びつかない気がするんですよね。
第一、みんな勝手にやってるし。



という事で、フェスとプロ運営のお話でした。
まあこんなのでも案外なんとかなってるんですよ、ホント。

cobayaci at 22:00|PermalinkComments(3)